■SSHサーバ

 リナックスはサーバ本体に直接ログインして操作することもできますが、ネットワークを介して仮想端末として操作することもできます。

 つまり、普段使用しているPCからサーバを操作したり、多人数で同じに操作したり、 また、インターネットを介することもできますので離れた場所からでも操作することができます。

 そのために、従来はTelnetが使われていましたが、現在では安全性を考慮してSSHが使われるようになっています。

 端末側にもサーバに接続するためのソフトをインストールする必要があります。 Tera Term ProにTTSSHを組み合わせることによりSSHを利用することができるようになります。

 Red Hat Linux 8.0では、OSインストール時にopenssh-serverがインストールされるため、 端末側にソフトをインストールして設定を行えば、SSHが使用できるようになります。

●SSHサーバの設定

# vi /etc/ssh/sshd_config

 /etc/ssh/sshd_config にあるファイル sshd_config を開きます。

# /etc/rc.d/init.d/sshd restart

 設定が終了したら再起動します。












リナックスでサーバ構築  リナックスとは  ネットワーク環境  ドメインとIPアドレス  DynamicDNSと自動更新サービス
RedHat Linux OS  network設定  Apache設定  バーチャルホスト設定
ルータの設定  EveryDNS設定  DiCE設定  リンク(検索エンジン)